誰と、何をしに旅に出ますか?

空港や駅に行くと、大きなスーツケースを持った沢山の人を目にします。うきうきしている女の子グループ、ちょっと不安そうな一人の学生等、いったいどこへ何をしに行くのだろうと、ついつい想像してしまいませんか。旅に出る理由や目的は人それぞれだと思います。「失恋して」「仕事や生活に疲れて」、少し日常から離れて、海や森林など自然溢れるところでのんびりしたい、「まとまった休みが取れたから」友達とパーッと、観光や買い物を思いっきり楽しみに行く、毎年恒例、家族での温泉旅行や記念日旅行、等々、理由や目的によって訪れる場所も様々です。プライベート以外でも、社員旅行、出張旅行など、一口に「旅」と言っても、実に様々な「旅」があるのです。

旅先ではどんなことが待っているのでしょうか

理由や目的が様々であれば、そこから生まれるストーリーや思い出も様々です。 傷心旅行でリゾート地に行き、一人ぼーっとしていたところ、地元の人達と仲良くなって一緒にご飯を食べるようになり、何だか元気が出てきた、ということもあるでしょう。また、予定通り、時間をめいっぱい使って遊び尽くし、いざ帰ろうとしたら飛行機が飛ばなくなってしまい、次の日の仕事に間に合わない、なんていうトラブルもあるかもしいれません。しかし楽しいことも、トラブルにあったことも、時間が経てばどちらも思い出となります。トラブルだって笑い話にできることもあるでしょうし、楽しい思い出はいつまで経っても色褪せることなく心の中に留まり続けます。 どんな内容であっても、旅は私たちに非日常の世界を見せてくれ、経験や思い出となってそれぞれの人生に刻み込まれます。 昔から人が旅に出るのは、そういったものを何かしら得たいと思うからではないでしょうか。